iPhone修理を非正規修理店で依頼する際に、気をつけておきたいデメリット

不正改造とみなされる可能性がある

iphone 修理を行う場合、すぐに使えるようになりたい人や、保証期間をすぎている機種を使っている人は、非正規店での修理を行うことが多いでしょう。確かに、短時間で低価格な修理を実現できるのが、非正規修理店の特徴です。しかし、非正規店で非正規店なりのデメリットがあるため、理解をしたうえで依頼してください。
デメリットとして挙げられているポイントとして、現在保証がついている人の場合、二度と正規店での保証修理が受けられなくなる可能性があります。正規店では非正規店での修理を「不正改造」とみなすからです。不正改造されたものを持っていったユーザーは、二度と保証修理が受けられないため、非正規店で修理を受ける場合には注意してください。

SNSを使って情報を確認する必要がある

非正規修理店で修理を受けるデメリットとして挙げられるのは、修理店によって部品の質が大きく異なることです。部品の質はiphoneの質に大きく影響するため、修理の時に質の高い部品で直してもらえるかどうかによって、その後の寿命が大きく変わります。粗悪な部品を使っている修理店の場合、短期間で再修理になってしまう可能性や、iphone本体の寿命が短くなる可能性が高いです。粗悪な部品を使っているかどうかは、修理を経験した人の口コミで確認できるといわれています。SNSを使って口コミを検索することで、正確な情報を見つけやすいでしょう。部品交換修理を行ってから故障がないといわれる店舗や、再修理に対する補償が長いお店を選ぶと、トラブルが少なくなります。

© Copyright Bring iPhone Repair. All Rights Reserved.