iPhone修理を非正規修理店を行うときのメリットについて

データをバックアップせずとも修理に出すことができる

iPhoneを正規修理店に出して修理を依頼する時には、必ずと言っていいほどデータのバックアップをしないといけません。正規修理店でもバックアップをしてくれることはありますが、大抵の場合は有料です。正規修理店の場合はデータを初期化した上で修理を行いますので、データを消したくないならば、事前にバックアップが求められるわけです。

それに対して、非正規修理店の場合はデータをバックアップすることなしに修理に出すことができますので、利用者としては手間を省くことができます。データを守りながらも初期化することなしに修理を行うところがメリットの一つです。画面系が故障していた場合にバックアップをすることができないために、画面系の修理をお願いする時には非正規修理店のほうが良かったりします。

修理代金が安いのがいい

iPhoneの正規修理店に比べると圧倒的に非正規修理店のほうが修理代金が安いです。その理由として前者は本体を丸ごと交換するケースが多い野に対して、後者は壊れた部品を交換するからです。本体の交換に比べると壊れた部品だけを交換したほうがまだ安いわけです。AppleCare+に加入していなかったとしても修理代金が安くなるのが非正規修理店のメリットの一つです。

非正規修理店であればApple社から部品が入らないのは確かですが、Apple社が契約している部品メーカーや仕入れ業者から部品などを買い付ける貯めに、正規修理店と遜色ない部品が手に入ります。非正規修理店だからと言って部品の品質に問題があるということは決してありませんので、安心して修理に出してもらうといいでしょう。

iphone修理を青森でするのなら駅近辺やショッピングセンターへ行きましょう。人の集まりやすいところに店舗として構えている事もあれば、テナントとして入っていることもあります。

© Copyright Bring iPhone Repair. All Rights Reserved.