iPhone修理を正規修理店で依頼する際のデメリットについて

正規修理店は修理代金が高い!

正規修理店は、非正規修理店よりも修理代金が高くなることが多いでしょう。例えば、ボタンの反応不良やガラスのひび割れなどの場合でも、新品のiPhoneとの交換が基本となるでしょう。ガラスのひび割れの修理だと、正規修理店で12800~37584円、非正規修理店で10000~15000円ほどです。バッテリー交換だと正規修理店で9400~13068円、非正規修理店で6700~9800円ほどです。ですので、正規修理店で修理を依頼するつもりなら、iPhone購入時に「長期保証サービス」などに加入しておくのがベストでしょう。また、iPhoneの修理は基本的には、「初期化を前提」に進めるのが一般的ですので、きちんとデータをバックアップできていないと、データが消えてしまうことにもなりかねませんので、注意が必要となります。

正規修理店の店舗数が少ない!

iPhoneユーザーに対して、iPhoneの正規修理店の店舗数が圧倒的に少ないです。ですので、平日でも正規修理店での修理は待ち時間が長いのが基本でしょう。とくに休日の当日来店では、サービスを受けることができないことも多いでしょう。iPhoneの修理の予約なしの場合、最大5~6時間も待たなくてはなりません。普通に考えても、そんなに待てるものではないので、来店する前には必ずiPhoneの修理の予約をしておいてください。また、来店するよりも楽にiPhoneの修理を依頼したいときは、「配送修理」がおすすめです。インターネットから申し込めば、配送業者が製品の集荷に来てくれます。どちらの場合でも、スムーズに修理依頼をするために、データのバックアップや、IDとパスワードの確認はしておきましょう。

iphoneの修理を銀座で依頼する場合、優れたアクセス性によってショップまで気軽に足を運べる他、ショッピングの途中で立ち寄る際に便利というメリットもあります。

© Copyright Bring iPhone Repair. All Rights Reserved.